女性が気にする体のパーツの上位に来る「二の腕」。

特に暑い時期はノースリーブとか着ることが多いので腕全体が丸出しになります。

二の腕って実は後ろから見た時に結構目が行くんですよね。

やっぱりたるみがあるのとシュッとしているのでは違います。

とうわけで今回は二の腕引き締め方法についてです。

二の腕の筋肉って?

腕の後ろ側を二の腕と呼ばれてますが、正式には「上腕三頭筋」という筋肉です。
英語だとTriceps(トライセップス)です。

三頭筋というくらいなので実は長頭・外側頭・内側頭という3つの筋肉があります。

ちなみに力こぶ側の筋肉は上腕二頭筋と言います。

二の腕を鍛えるポイント

上腕三頭筋は基本的には肘関節を中心に肘を伸ばす時に使われます。
これは大事なことです。

肘を伸ばしきったところで、二の腕にギューっと力を入れてみてください。
上腕三頭筋に力が入るのを感じられるでしょうか?

筋肉は神経を通して刺激を与えてあげることが大切です。

ですから筋トレもいいですが、まずは「上腕三頭筋を使うんだ」と意識してください。

気がついた時に力を入れるようにしてみましょう。

おすすめの二の腕エクササイズ

sfgasfadfa

上腕三頭筋を鍛えるエクササイズは種類は多いですが、多くが単関節種目といって、肘関節だけを動かすものなのであまり難しくありません。

ただし、エクササイズによって上に書いた長頭・外側頭・内側頭のどれに効きやすいかが違います。

もちろん全部をしっかり鍛えるのがいいのですが、今回は一番大きくてその外側にある長頭をメインターゲットにしてみましょう。

長頭は肘を上げた位置でのエクササイズが必要なので、まずはフレンチプレスというエクササイズをやりましょう。

毎日じゃなくてもいいですが、1〜2日おきに15〜20回を3セットやりましょう。

ダンベルとかチューブがあるといいです。

この動画もいいですね。▼

スポンサーリンク