「筋トレとかダイエットを初めてみたけど、あまり効果を感じられなくて続かなかった。」
という経験がある人は多いと思います。

体はすぐには変わってくれません。

結果を早く求めすぎていて諦めるのが早過ぎるんです。

まず3ヶ月は頑張ってみましょう。

今後の長い人生を良く出来るなら、たかが3ヶ月ではないでしょうか。

 

筋肉と脂肪

体を変えるためには絶対に必要な2つの要素があります。

「筋肉を付けること」「脂肪を落とすこと」です。

今の体型によって必要なことは違うと思いますが、誰にとっても筋肉が多く脂肪が少ない体型が理想の体型ではないでしょうか。

ただし、どちらも簡単じゃないということを最初に覚悟しておきましょう。

でも続ければ絶対に結果は出ます。100%です。

体は嘘をつきません。運動は裏切りません。

なぜ3ヶ月なのか

15_Celebrity_Trainers_Who_Inspire_Through_Social_Media
まず筋肉について言うと、普段から筋トレ習慣のない人が筋トレを始めるといきなり筋肉が付いたような感覚になるときがあります。

男性なら喜び、女性は嘆くかもしれません。

でもご安心ください。
これは筋肉にグリコーゲンや水分が一時的にたまっただけで筋肉が付いたわけではありません。
すぐに元に戻ります。

何度も何度も筋トレを繰り返していくうちに本当の筋肉が出来てきます。

始めてから3ヶ月くらい続ければ少し見た目に変化が出てくると言われています。

特に女性は筋肉がつきにくいので筋肉が付き過ぎる心配は皆無と言っても過言ではありません。

また、筋肉が付いた部位は必ずしも太くなるわけではありません。

例えばお尻や太ももや二の腕には、脂肪がたくさんあります。

筋肉がつくことで引き締まるので、サイズダウンすることはよくあることです。

 

次にダイエットについてです。

これは、長期計画であるに越したことはありません。

食習慣を変えれば長い目で見ると絶対に痩せられるのですから。

短期間で痩せようとすることほど愚かなことはありません。

筋肉が減る、リバウンドする、ストレスになるなどデメリットだらけです。

1ヶ月に1kg以上減らないように3ヶ月以上の計画を立ててください。

まず最初に考えるのはCPF比です。

三大栄養素の炭水化物(Carbo)、タンパク質(Protein)、脂肪(Fat)のバランスです。

一般的な食生活だと、炭水化物が多すぎて、タンパク質が少なすぎになってしまいます。

長期的にダイエットする場合、まずは脂肪を減らします。

それだけでも自然に痩せていきますが、さらに痩せるならそこから炭水化物も減らすのがいいでしょう。

絶対に減らしてはダメで増やさなければいけないのがタンパク質です。

細かい比率を計算する方法もありますが、まずは口にする食品の成分をよく考えてみるようにしてはいかがでしょうか。

【第2類医薬品】ナイシトールG 336錠
小林製薬 (2012-09-30)
売り上げランキング: 5

スポンサーリンク