昔に比べてプロテインに対する誤解も少なくなってきてます。
それは男女問わず、体に気を使っている有名人などが「プロテインを飲んでいる」とテレビで言ったりしていることもあるでしょう。
嵐の松本潤も朝起きたらまずプロテインを飲むと言ってました。

種類も増えて味もかなり上がってますから、本当に飲みやすいです。

一方で、まだ「プロテインを飲むと太るんじゃないの?」なんて聞かれることもあります。

今回はプロテインの基本について抑えておきましょう。

人気のプロテイン購入ページ

icon-check-square-oプロテインを摂るべき3つの理由

タンパク質が足りていない

プロテインはタンパク質を英語で言っただけです。
タンパク質は筋肉の主な材料です。
一般的な日本人の食事だとタンパク質が足りていないと言われます。

タンパク質摂取量の目安は、普通の大人で体重1kgあたり1g、アスリートや筋肉を付けたい人なら体重1kgあたり2gほどだと言われます。
体重50kgの人なら最低50g、できれば100gです。

タンパク質は肉、魚、卵、豆類、牛乳などに多く含まれています。
これらを毎日しっかり食べていますか?毎食に取り入れていますか?

なかなかYESと言い切れる人はいないでしょう。
そりゃそうです。忙しい現代社会で生きていくには適当に済ませる食事があってもやむを得ません。

プロテインは栄養補助食品です。
プロテインシェイク一杯でタンパク質が約20g摂れます。
食事で足りないタンパク質を補助的に摂取できるものなんです。

プロテインは低カロリー

プロテインを飲むと太るかという答えに関しては、ハッキリとNOと言えます。
プロテインに太る成分が入っている訳ありません。

人が太る痩せるというのはカロリー収支のプラスマイナスです。
プロテインを飲んでカロリーオーバーになれば太るし、プロテインを飲んでもカロリー不足にすれば痩せます。
実際、ボディビルダーも減量中にもプロテインをガンガン飲みます。
むしろ、筋肉が落ちないように量を増やすくらいです。

必要なタンパク質を全て肉や魚など食事だけで摂ろうとすると、カロリーの摂り過ぎになって太ってしまう恐れもあります。

プロテイン一杯のカロリーはシェイクする液体によりますが、水なら約100kcal程度です。
おにぎり一個より少ないんです。
成分は製品によりますが、70%くらいタンパク質で他には炭水化物やビタミンやカルシウムなどの栄養素が少し入ってます。

効率よくタンパク質を摂取できる、それがプロテインです。

プロテインは消化吸収が早い

トレーニングが終わったあとの30分間に何も栄養を入れない人は、めちゃくちゃもったいない事をしています。
トレーニングの効果を消していると言っても過言ではありません。

前回の記事でも書きましたが、トレーニングと栄養は必ずセットにしましょう。
特にトレーニング後30分以内は「ゴールデンタイム」と言われ、最も体が栄養を欲していて吸収しやすい状態です。

普通の食事でもいいですが、栄養を吸収する小腸に達するまでに時間が立ってしまいます。

消化吸収の早いプロテインを飲むとタイミングがドンピシャということです。
さらにトレーニングの後は糖質をプラスすると筋肉が合成されやすくなるので、オレンジジュースなどでシェイクするとGOODです。

人気のプロテイン購入ページ

スポンサーリンク