レッグカールは、その名の通り膝関節を中心に脚を曲げる運動です。
ターゲットの筋肉は、太ももの裏側のハムストリングス(大腿二頭筋)です。

ハムストリングスはかなり大切な筋肉です。
特に女性は事務職などで座っている時間が長い人が多いので、人によってはハムストリングスが萎縮してしまいます。

ハムストリングスが萎縮してしまうと、上につながっている骨盤が後傾してしまって姿勢が悪くなったり、お尻がへこんで見えてしまいます。

ハムストリングスはしっかり鍛えましょう。

icon-check-square-oレッグカールのやり方

レッグカールを行うマシンは主に、「うつ伏せに横たわって」と「立ってやる」のと「座ってやる」3種類あります。
ジムによって設備が違うので出来ることをやりましょう。

下記はライイングレッグカールという、うつ伏せで行う場合です。

  1. マシンに腹ばいになり、両手でグリップをしっかり握る
  2. 脚を伸ばした状態でアキレス腱の位置にロールが来るようにセットする
  3. 息を吸いながらかかとをお尻に近づけるように膝を曲げ、ゆっくり戻す

icon-check-square-oレッグカールの動画

icon-check-square-oレッグカールのポイント

ロールやシートの位置はめんどくさがらずにちゃんとセッティングしましょう。

伸ばすときに勢い良くやると膝を痛める危険があるので、必ずゆっくり筋肉の伸びを感じながら伸ばしましょう。

スポンサーリンク