バーベルスクワットは下半身の筋トレにおいて絶対に外せない種目です。

下半身の筋肉の大部分に作用し、心臓循環器系や肺活量の強化にもつながります。

自重だけで行うヒンズースクワットに対して、バーベルスクワットはバーベルを担いで行うことで負荷を強くします。

キツイですがそれだけ効果があるエクササイズなので、ぜひ取り入れてください。

icon-check-square-oバーベルスクワットのやり方

  1. バーをスクワットラックの上に置き、下に入って首の後ろの僧帽筋でバーを受ける。
  2. バーをしっかり握り、足は肩幅に構える。
  3. 深く息を吸って体幹を固定し、骨盤を前傾させながら膝を曲げていく。
  4. 太ももが床と水平になったら、膝を伸ばして立ち上がる。

icon-check-square-oバーベルスクワットの動画

icon-check-square-oバーベルスクワットのポイント

バーベルスクワットですが、レベルによってはプレートを着けずにバーのみでもOKです。

下げる時のイメージは、膝を曲げてしゃがむというより、お尻を突き出すようにします。
また、上半身はしっかり固定して絶対に背中を曲げないこと。

スポンサーリンク