ダンベルスクワットは手軽にスクワットの負荷を増やせるエクササイズです。

太ももとお尻によく効きます。

自宅にバーベルを用意するのは難しいけど、ダンベルなら2つくらいあっても邪魔になりません。

また、バーベルスクワットほど負荷を強くすることが目的のエクササイズではありません。
10回〜15回くらい反復しましょう。

icon-check-square-oダンベルスクワットのやり方

  1. 両手にダンベルを1つずつ持って、足は腰幅で立つ
  2. 真っ直ぐ前を見て息を吸い背中を軽く反らしてお尻を突き出すように膝を曲げる
  3. 太ももが床と水平になったら元に戻して息を吐く

icon-check-square-oダンベルスクワットの動画

icon-check-square-o ダンベルスクワットのポイント

ダンベルを持っている手が疲れてしまうことがありますが、あまり強く握りこまないようにしましょう。

できればリストストラップやグローブがあれば気にしなくて済むようになります。

どうしても無理な人は、ダンベルを1つにして、体の前で両手で持つ方法もあります。

足を広げてダンベルを足の内側で持つアレンジもあります。

こうすると、太ももの外側やヒップへの効果が高くなります。

スポンサーリンク