ワンハンド・ダンベル・ロウイングはその名前の通り「片手でダンベルを引く」種目です。

ちょっとした動作のコツがありますが、トレーニングが難しい背中の筋肉に効かせやすいのでオススメの種目です。
ジムでもやっている人をよく見かけます。

ダンベルとベンチが必要ですが、ぜひやってみてください。

ワンハンド・ダンベル・ロウイングのやり方

  1. 片手にダンベルを持ち、反対の手と膝をベンチにつき体を支える
  2. ダンベルの重さで背中の筋肉を伸ばすように下げておく
  3. 背中は丸めずまっすぐに保ったまま、ダンベルを引き上げる

ワンハンド・ダンベル・ロウイングの動画

ワンハンド・ダンベル・ロウイングのポイント

動作する時のポイントはいくつかありますが、一番大事なのは
肘を上にではなく斜め後ろに上げることです。
ダンベルの軌道が、垂直ではなく斜めに動くようにしてください。
そうすれば広背筋に効きやすくなります。

ゆっくり丁寧に、下ろす時もしっかり下ろして筋肉を伸ばしましょう。
上げきったところで一回止めるのもオススメです。

背中が丸まらないように目線を前の方にするといいでしょう。

スポンサーリンク