この記事にたどり着いたアナタは、これからダイエットをしようと思ってこのタイトルと同じ疑問を持った人でしょう。

一番の目的は筋トレしたいわけでもなくランニングしたいわけでもなく、「痩せたい」んですよね。

結論を最初に言うと、痩せるために一番手っ取り早いのは筋トレでもランニングでもなく「食べない」ことです。

まあ当たり前ですよね。

ただし、食べないだけのダイエットはよくないので、運動しながらダイエットしましょう。
誰だって健康的に痩せたいはずです。

じゃあどんな運動をすればいいの?ということで筋トレとランニングについてです。

筋トレとランニングの違い

まず筋トレは筋肉を増やすことが目的の運動です。
脂肪を減らすための筋トレという考え方はありません。(結果的には減りますが)

筋トレをしているときの消費エネルギーは一時間で300kcalくらいです。
筋肉が増えたら、体の燃費が悪くなり、なにもしていなくても多くのエネルギーが必要になります。
ですから筋肉が増えれば増えるほど太りにくく痩せやすい体になります。

一方ランニングの消費エネルギーは一時間で500kcalくらいです。(時速8kmで)
やっているときの消費エネルギーは筋トレより多いですが、ランニングで筋肉が増えることはほぼありません。
むしろやり過ぎると減ることもあります。

ボディビルダーが大会前にパッキパキの体に仕上げる時に、有酸素運動は一切やらないという人もいるくらいです。

ダイエットにおいて筋トレはストック、ランニングはフローと言えるでしょう。

どちらが良いということはなく、できれば両方やるのがベストなのですがなかなか大変ですよね。

使える時間も限られていると思いますので、実際に試してみて性に合っている方をやればいいと思います。

ウエイトトレーニングが趣味の人もいれば、ランニングが趣味の人もいるので好みの問題です。
続けられるかが重要です。

有酸素運動をやるベストタイミングは?

脂肪燃焼するために有酸素運動をやる場合、効果的なタイミングというのがあります。

それは、「朝起きてすぐ」です。
朝起きて何も食べていない状態で家の周りを小一時間散歩するのが一番いいでしょう。
いきなり走るのはキツいので歩けばOKです。

体の中のエネルギーがない状態なのですぐに脂肪を使ってくれるんです。
また朝なので空気も気持ちよくて慣れれば病みつきになります。

もし筋トレもやっている人は、筋トレの後にやるもの効果的です。

ジリアン・マイケルズの30日間集中ダイエット [DVD]
日本コロムビア (2009-07-29)
売り上げランキング: 173

最後に

夏に向けて痩せたいと考えている人は、無理なく計画性をもってやることをオススメします。
今2月なので、7月まで5ヶ月です。
一ヶ月に1kgずつだと5kg落とせます。

このくらいなら現実的に行けそうですよね。

スポンサーリンク