痩せたいけど運動は疲れるし苦手だし・・・

でも暑くなって薄着になるし、運動不足過ぎてヤバいかも・・・

でも食べたいし・・・キツくないダイエットてないかなー

なんて思いつつお菓子やドーナツに手を伸ばしてしまっているアナタ。

お気持ちは分かります。

誰だって努力しないで、キレイな体になれたら最高です。

でも、ハッキリ言ってそれは無理なんですよね。

ダイエットに大切なのは知識と根性です。

本当は筋トレをハードにやることをおすすめしたいのですが、いきなりは難しいかもしれません。

そんな人がまず最初に意識することを提案させていただきます。

重心をどこにするかが大事

姿勢が悪い人でスタイルがいい人はいません。

スタイルがいいから姿勢がいいのか、姿勢がいいからスタイルがよく見えるのか分かりませんが、まず佇まいをキレイにしましょう。

もし「姿勢を良くしてください」と言われたら何をしますか?
おそらくその時は背筋を伸ばすけど、気がついたら元通りになっているということがほとんどだと思います。

姿勢を改善するためのポイントは、「重心を足の親指の付け根にする」ことです。

靴を履きこむと後ろの外側がすり減ってしまう人がいますが、これは重心が後ろの外側になっているのでよくありません。

欧米人の8割は重心が前になっていますが、東洋人の8割は重心が後ろになっているそうです。

これが欧米人と東洋人のスタイルの違いの一つの要因であるという説もあります。

歩くときも立つ時も意識して重心を変えていけば自然と姿勢も良くなります。

もっと言うと、トレーニングする時にも重心はつま先にしましょう。
かかと側でやればやるほど、カッコ悪い体になってしまいます。

では今回は以上です。

スポンサーリンク