「運動しないとなー」とは思っているものの、なかなか体が動かない・・・

改めて言うまでもないですが、運動しないと
筋肉が減る→代謝が下がる→太りやすくなる→さらに運動が億劫になる
という負のサイクルにハマってしまいます。

やる気は待っていても出てくることは無く、何かを始めてしまえばあとから出てくるそうです。

運動に限らずですが、まずはほんの少しでも踏み出すことがポイントなんです。

というわけで、今回は手軽に出来る有酸素運動、「なわとび」について少し詳しくご紹介させていただきます。

なわとびの5つのメリット

「なわとびなんて小学生の時にやってたから知ってるよ」なんて言わずに、少しお付き合いください。
海外では「ロープスキッピング」なんて言って結構やってる人も多いんです。
意外なメリットもあるんです。

1.実は結構ダイエット効果が高い

その場で飛び跳ねているだけですが、なわとびはランニングと同じくらいの運動強度があります。
運動の強度を表すMETs(メッツ)がランニングと同じ8メッツです。

つまりランニングと同じくらいのカロリーが消費できるということです。
体重52kgの女性が30分行うと、191kcal消費できます。

2.骨密度を増やす

これは研究結果でも出ているようですが、ジャンプして着地するという行動は骨密度を増加させてくれるそうです。
骨がスカスカになるのは嫌ですね。

3.コンディションを整える

ボクサーはなわとびをやります。
これは有酸素運動の効果もありますが、なわとびで体のバランスやコンディションを確認し、筋肉と神経を調整するのに役立ちます。

4.コスパが高い

物によりますが、とにかくお値段が安くてコスパが高い。
100均一でもあるし、少し良いやつでも1,000円くらいです。
軽くて跳びやすいのを使いましょう。

5.省スペースかつポータブル

わざわざトレーニングウェアに着替えて、シューズを履く必要はありません。
ヨガマット1枚分ほどのスペースがあれば、自宅の庭やマンションの駐車場なら普段着でも出来るでしょう。

しかもかさばらないのでどこにでも持ち運べます。

なわとびのダイエット効果を引き出す方法

ただダラダラと跳ぶよりもせっかくやるなら、楽しくカッコよくやりましょう。
そうすればダイエット効果もアップします。

インターバル法でやりましょう。
ボクシングのラウンドのようなものです。

例えば3分跳んで、1分休んで、また3分跳ぶみたいな感じです。
それを何回か繰り返します。

普通に生活しているとジャンプすることがほぼ無いと思うので、なわとびで脂肪を揺らして燃焼させましょう!

photo credit: Pasco Schools Jump Rope for Heart via photopin (license)

スポンサーリンク